鯖寿司はお取り寄せができる!おいしく食べるコツと選ぶコツを紹介

2019/02/27

鯖寿司はお取り寄せが可能な商品です。

にぎり寿司のように生の魚を使っていませんので、短期間であれば冷蔵庫に保管することも可能です。

せっかくならおいしい鯖寿司を取り寄せて、おいしく食べたいですよね。

お取り寄せした鯖寿司をおいしく食べるコツとおいしい鯖寿司を取り寄せるポイントについてまとめました。

鯖寿司はお取り寄せできる

鯖寿司はお取り寄せできる

お客さんが来るときや普段の夕食にと、鯖寿司が似合うシーンはたくさんあります。

くせがなく万人に好まれる料理ですので、鯖寿司がおいしいお寿司屋さんが近くにあると重宝します。

しかし、お近くにおいしい鯖寿司を扱うお店がない場合は、鯖寿司の通信販売をしている業者からお取り寄せすることになるでしょう。

鯖寿司は酢でしめた鯖もしくは焼いた鯖で作りますので、お取り寄せが可能な一品なのです。

しめ鯖寿司

鯖寿司といえば、一般的には酢でしめた「しめ鯖」を使ったお寿司です。

肉厚の鯖とたっぷりの酢飯で仕上げ、乾燥しないように注意して涼しい場所に保管すれば1~2日は持ちます。

焼き鯖寿司

近年、取り扱う店舗が増えてきたのが「焼き鯖」を使ったお寿司です。

元々「焼き鯖」とは、鯖を太い竹の串で刺してじっくりと焼いた福井地方の郷土食です。

魚屋さんやスーパーマーケットなどでも売っており、なおかつ調理済みのためそのまま食べられます。

身近な食べ物として、福井県や滋賀県の湖北地方では親しまれています。

焼き鯖は鯖1本まるごと焼いた料理ですので、半身に切って、酢飯の上にのせて焼き鯖寿司を作ります。

じっくりと時間をかけて焼くことで鯖の脂分が落ちており、鯖特有の生臭さや脂っこさが苦手な方もおいしく食べられることが特徴です。

お取り寄せの鯖寿司は冷蔵・冷凍で届く

冷凍で届く

鯖寿司も焼き鯖寿司も、適切な場所に保管すれば1~2日は安全に食べられます。

しかし、配送状況によっては家に届くまでに時間がかかってしまうことがありますし、保管場所が高温多湿の劣悪な環境である可能性もあるでしょう。

そのため、鯖寿司や焼き鯖寿司を取り寄せると、通常便ではなく冷蔵便や冷凍便として配送されます。

冷蔵便や冷凍便での配送のために通常よりは送料が割高になりますが、安全においしい鯖寿司を食べるためには仕方のないことと言えるでしょう。

冷凍の鯖寿司を解凍する方法

冷凍の鯖寿司を解凍する方法

冷蔵便で届いた鯖寿司は、そのまま消費期限内に切って食べてください。

しかし、冷凍の鯖寿司が届いた場合は、解凍の一手間をかける必要があります。

鯖寿司や焼き鯖寿司は冷蔵庫に入れて解凍すると、酢飯がパラパラに分離してしまい、食べづらくなります。

必ず、常温解凍か電子レンジ解凍のいずれかの方法で解凍するようにしてください。

常温解凍

20℃前後の室内に、3~4時間ほど放置しておくだけで、食べごろの鯖寿司に仕上がります。

ただし、早く解凍しようとエアコンやファンヒーターの吹き出し口の近くに鯖寿司を置くのはNGです。

熱風が当たった部分が傷んでしまうことがありますので、室温でじっくりと時間をかけて解凍するようにしてください。

また、一度解凍した鯖寿司や焼き鯖寿司は、再冷凍しないでください。

味が劣化するだけでなく、酢飯がばらけて食べにくくなってしまいます。

電子レンジ解凍

ラップを軽くかけてから、鯖寿司を1分ほど過熱します。

その後、常温の室内に30~40分放置しておきましょう。

電子レンジで解凍した場合も、鯖寿司の再冷凍は禁物です。

贈り物として鯖寿司をお取り寄せするときのポイント

お取り寄せするときのポイント

鯖寿司を好む方は多いですので、鯖寿司を贈り物にするのも良いアイデアです。

「お酢が入っていると食欲がないときでも食べられる」と感じる方も多く、退院祝いやお中元、お歳暮にも適しています。

次の2点に注意して、鯖寿司や焼き鯖寿司を送ってみてはいかがでしょうか。

賞味期限に気を付ける

冷凍の鯖寿司は、商品によっては賞味期限が1年ほどと長く設定されていることがあります。

いつ食べるか分からない方にプレゼントするなら冷凍の鯖寿司はおすすめですが、冷凍庫の中でかさばってしまうのが難点です。

商品を受け取ってから数日内に食べてもらえることが分かっているときは、できれば解凍せずに食べられる冷蔵便で送りたいものです。

発送の手配をする前に贈り先に連絡し、賞味期限内に食べてもらえるか確認しておく方が良いでしょう。

熨斗の対応ができるか確認しよう

お祝いや季節のご挨拶で鯖寿司や焼き鯖寿司を送る場合は、熨斗をかけてもらえるのかもチェックしておくようにしましょう。

世の中の流れとしては包装の簡略化が進んでいますが、熨斗をかけていないと「お中元として送った」ことや「お祝いとして送った」ことが伝わらず、贈り先に混乱を与えてしまうかもしれません。

お取り寄せした鯖寿司をおいしく食べよう

鯖寿司は鯖と酢飯だけのシンプルな料理ですが、店ごとに味わいが異なるため、いろいろなお店から取り寄せてみるのも楽しいです。

いくつか取り寄せるうちに、理想的な味わいの鯖寿司や焼き鯖寿司と出会えるはずです。

おいしい鯖寿司を見つけたら、大切な人へのプレゼントにも使ってみましょう。