鯖寿司の旬っていつ?美味しく食べられる時期と選び方を徹底解説

2019/02/27

鯖寿司には旬はありません。1年を通して美味しく食べられるのが鯖寿司の特徴でもあります。

しかし、鯖寿司の鯖は秋の終わりから冬にかけておいしくなりますので、旬の鯖が使われている鯖寿司は通常以上においしいのは事実です。

鯖寿司がおいしく食べられる時期とおいしい鯖寿司の選び方を解説します。

鯖の旬は秋から冬(11月頃~2月頃)

鯖の旬は秋から冬

日本の市場に出る鯖は主にマサバとゴマサバ、大西洋サバの3種類です。

一般的にサバは産卵時期を終えて栄養を蓄えてくる秋から産卵準備に入る前の冬の間が、脂がのって味が良くなる時期です。

秋の終わりから冬の終わりまでに獲れた鯖で作る鯖寿司は、脂がのって味も濃厚だと言えるでしょう。

マサバ(真鯖)の旬と詳細

マサバは、日本沿岸で獲れる国内で主流の鯖です。ヒラサバやホンサバと呼ばれることもあります。

回遊魚ですので脂がのっている時期(=旬)が長く、秋から冬の終わりまではおいしく食べられます。

ただし、産卵してからどのタイミングで漁獲されるかが異なりますので、産地によっても旬の時期が微妙に変わります。

マサバは日本の大抵の漁港で水揚げされますが、特に漁獲高が多いのは長崎県と静岡県、茨城県です。

背中の青色がくっきりとしていることがマサバの特徴でもあり、おいしさを見分けるポイントでもあります。

背中の青さと腹側の白さのコントラストがくっきりとしているマサバを選ぶようにしてください。

ゴマサバ(胡麻鯖)の旬と詳細

ゴマサバは他のサバと比較して、年間通して味の変化が少ないという特徴があります。

しかし、あえて旬を探すなら、産卵を終えて体に脂が戻った春の終わりから初夏にかけてと言えるでしょう。

ただしゴマサバは元々マサバよりは脂分が少なくあっさりとした味わいですので、旬のゴマサバを選んでも、マサバに比べると淡泊に感じるかもしれません。

なお、腹部に黒ゴマのような斑点があるため、ゴマサバと呼ばれています。ヒラサバ(平鯖)と呼ばれるマサバと比べると体が厚く筒状ですので、マルサバ(丸鯖)と呼ばれることがあります。腹部がくっきりと白色のマサバとは、見た目がまったく異なりますので、見分けは付きやすいです。

大西洋サバの旬と詳細

大西洋サバの旬と詳細<

大西洋サバは、ノルウェーサバという別名で呼ばれることが多いです。日本近海では漁獲されませんので、主に、加工品や冷凍食品に使用されています。背側には濃い青色の縞模様があり、腹側は銀白色です。

大西洋サバは春に産卵して秋ごろに脂の乗りが良くなりますので、秋が旬です。缶詰や冷凍食品を購入するときは、秋に加工されたものを選ぶとうまみが濃い旬のサバを味わえるでしょう。

とはいっても、缶詰なら加工日を確認しやすいのですが、干物や冷凍サバは加工日を確認するのは難しいです。

加工日が分からないときは見た目で選ぶしかありません。旬の大西洋サバは肉厚ですので、サバの厚みで選んでみましょう。

実は大西洋サバは旬と旬以外の差が少ない

ゴマサバは旬と旬以外の差が少ないサバですが、実は、大西洋サバも旬と旬以外の差が少ないサバです。

脂ののりも年間を通して3%ほどしか変わらないといわれており、旬以外の大西洋サバを食べても、「脂があまり乗っていないな」と感じることはありません。

大西洋サバは、日本海沿岸で獲れるマサバやゴマサバに比べると元々脂分が多く濃厚な味わいです。

一度冷凍しているため、塩焼きにすると濃厚な味わいを感じることが難しいかもしれませんが、煮付けにするなら年中脂乗りの良い大西洋サバを味わいつくすことができます。

鯖寿司を購入する時は旬の鯖を使用しているかをチェック

使用しているかをチェック

鯖寿司を購入するときは、旬のサバを使っているかチェックしましょう。

日本で流通している大西洋サバはほとんどが加工品ですので、鯖寿司のサバはマサバかゴマサバのいずれかと思っておけばOKです。

腹部に斑点があるゴマサバの鯖寿司なら春から初夏にかけてが旬ですので、一層おいしく食べられます。

腹部がくっきりと白いマサバの鯖寿司なら秋から冬にかけてが旬ですので、いつも以上に濃厚な味わいを楽しめます。

お寿司屋さんなどで鯖寿司を食べる場合は、店によっては使用している鯖の種類を明示しています。

旬の鯖を使用しているか確認しましょう。また、通販で鯖寿司を買うときも、鯖の種類を確認しましょう。

鯖寿司の旬を意識したほうが良い場合

魚の保管技術や冷凍技術が向上しているため、年間通して鯖寿司が美味しくなっています。

しかし、お土産で人に贈る場合や会食などで人を案内する場合は、旬を意識して鯖寿司を選ぶと喜んでもらいやすいですよね。

大切な人に、いつでもおいしい鯖寿司をさらにおいしく食べてもらうためにも、サバの種類と旬を意識して選ぶようにしてください。

鯖寿司の旬を意識して美味しく食べよう

鯖寿司は一年中いつでもおいしく食べられる料理です。

しかしサバの種類と旬を把握しているなら、さらにおいしい時期を選んで食べることができます。

特に大切な人といっしょに食べるときや大切な人にプレゼントするときは、サバの種類と旬を把握し、もっともおいしい鯖寿司を選ぶようにしましょう。