お歳暮を贈る注意点!一人暮らしにはなにがおすすめ?

2019/03/27

お歳暮を贈る際は「何が喜ばれるんだろう?」と、悩む人もいると思います。

特に、一人暮らしの人へはファミリーパックを贈るわけにもいかず、悩みどころではないでしょうか?一人暮らしへのお歳暮は何がおすすめなのか?一人暮らしに贈る注意点と共に、考えてみましょう。

お歳暮を一人暮らしの人に贈るときの注意点

贈るときの注意点

お歳暮は、1年間の感謝の気持ちを込めて贈る物です。そのため、お歳暮を贈ることで相手に迷惑がかかってしまっては元も子もありません。

家族には嬉しいファミリーパックのお歳暮も、一人暮らしでは手に余ってしまうかもしれないのです。また、贈る相手の性別や年齢を考えてお歳暮を選ぶ必要があります。

男性用や女性用とあっても、家族なら誰かしら使えますが、一人暮らしでは必要な人に譲ることはできません。一人暮らしへのお歳暮は何かと制限がかかります。お歳暮を迷惑な贈り物にしないためにも、相手の性別や年齢、立場などをよく考えてお歳暮を選ぶ必要があるでしょう。

個数や賞味期限が相手に適しているか?

一人暮らしの人にお歳暮を贈る際は、個数や賞味期限に注意しなければなりません。家族なら消費できる量の食品でも、一人暮らしでは食べきれず余ってしまいます。

せっかく新鮮で高級な食材を贈っても、賞味期限が過ぎてしまえば捨てられるしかないのです。お歳暮で迷惑をかけないためにも、一人暮らしに贈る際は「一人で食べきれるか」を念頭に置いてお歳暮を選ぶ必要があります。

特に、お歳暮は3~4人前の家族用パックで販売されていることがあり、一人暮らしには量が適してなく感じてしまいます。個数や賞味期限をよく確認してから購入しましょう。

常温保存が可能か?

常温保存

お歳暮を選ぶ際は、量や賞味期限以外にも、常温保存が可能かどうかも確認します。もし、冷蔵保存しかできない物だと、お歳暮が冷蔵庫を占領してしまい、他の物を入れることができなくなってしまうからです。

同様に、大きいお歳暮もよくありません。一人暮らし用の冷蔵庫は比較的小さく、大きな食品はあまり入れることはできません。カニ一匹丸ごともらっても、冷蔵庫に入らなければ、結局、急いで食べなければいけなくなります。

ですが、常温保存可能なら冷蔵庫や冷凍庫を占領してしまう心配はなくなります。また、常温保存可能な食品は賞味期限が長い物が多く、一人暮らしにはありがたいでしょう。「絶対に常温保存可能な食品が良い」というわけではありませんが、邪魔になりにくいため、贈り物に迷っている人はおすすめです。

一人暮らしの人へおすすめのお歳暮とは

一人暮らしの人へおすすめのお歳暮とは

一人暮らしの人にお歳暮を選ぶ際は、「貰って手に余る心配はないか」を考える必要があります。では、一人暮らしの人には何を贈ればいいのでしょうか?相手の人から「気の利いた人」と思われる、おすすめのお歳暮を紹介します。是非、お歳暮を選ぶ際の参考にしてください。

日持ちがするもの

一人暮らしの人は、消費する量も少なめです。そのため、贈られた相手のペースで消費できるように、日持ちがする物がいいでしょう。缶詰や乾物などは、特に日持ちしやすい食品と言えます。特に、缶詰のように小分けされていると、食事ごとで食べやすく消費もしやすくなります。

また、飲み物も日持ちしやすいです。ジュースやお茶などもいいですが、お酒好きな人にはビールや清酒などを贈ると喜ばれます。他にも、料理をする人なら、砂糖や油などの消耗品もおすすめです。普段使いする物なら消費もしやすく、多少量があっても使い切ることができるからです。

手間がかからない時短料理

一人暮らしの人で仕事が忙しいと、料理をしている暇がない人もいます。そのような人に贈るお歳暮は、すぐに食べられる食品が向いています。果物やお菓子などのそのまま食べられる食品はもちろん、お湯をかけるだけのインスタント食品や、電子レンジですぐできる冷凍食品なども手間がかかりません。

インスタント食品は保存がきく物も多く、一人暮らしにもってこいのお歳暮と言えるでしょう。

ギフト券や商品券

ギフト資料

食品などを贈るのではなく、ギフト券や商品券をお歳暮にしてしまうのも一つの手です。ギフト券などなら嵩張らず、好きなように使えますので貰って困ることはありません。ギフト券や商品券は、味気が無いかもしれませんが、自分で好きに使え、手に余る心配のないお歳暮と言えます。

ただし、上司などの目上の人に贈るのは失礼に値します。ギフト券は贈り物でもありますが、明確に金額が記載された「現金」でもあるからです。金額のわかる贈り物はマナー違反と言えますので、礼儀が必要な目上の人に贈るのは止めましょう。

相手が品物を選べるカタログギフト

何が喜ぶかわからないのなら、いっそのこと、相手に決めてもらうのが確実です。自分で商品を選ぶカタログギフトなら好きな物を選べますので、贈り物が邪魔になる心配もありません。また、贈る方も相手に合わせて価格帯を選べますので、準備も簡単にできます。

ギフト券と違って目上の人に贈っても問題にならない贈り物ですので、選ぶのに悩んだらカタログギフトで揃えてしまうのもいいかもしれません。

一人暮らしの人へのお歳暮は喜んでいただくための気配りが重要

一人暮らしの人にお歳暮を贈る際は、贈られて邪魔にならないかどうかを考えて贈る必要があります。賞味期限はもちろん、消費できるかどうかの量も重要と言えるでしょう。何でしたら、直接聞いてしまうのも一つの手です。

何にしろ、感謝の気持ちであるお歳暮が、邪魔で迷惑にならないためにも、相手の立場で考える気配りが大切です。