具材や人数によって異なる!おせちの値段相場はどれくらい?

2019/02/28

おせちといえば値段が気になるものです。

お正月といえばおせち料理ですが、毎年奮発して豪華なものを購入しているという人も多いのではないでしょうか。

ただ、立派なおせちは値段が高く、手が出しづらいということもあるでしょう。

おせちにはリーズナブルなものもたくさんあるので、自分の予算に合わせて選びましょう。

そのためにはまずおせちの値段をチェックすることが大切です。

おせちの相場価格

おせちの相場価格

年末にはおせち特集を検索し、人気のおせちトップランキングをチェックする人も多いでしょう。しかし、おせち料理の相場価格を知らないという人も意外と多いものです。

毎年おせちを手作りしているという人は、市販のおせちの価格を把握していないので、購入するときに戸惑うこともよくあります。

ということでまずは市販のおせちの価格相場を紹介していきます。

おせちの値段は基本的に1人分でも1万円前後です。

訳あり商品などは5,000円ほどで売られることもありますが、通常の商品を買おうと思ったらやはり1万円程度はかかると考えておいたほうが良いでしょう。

販売している会社によっても価格は様々定められており、相場としては1万円前後ほどするものもあります。

また、記述の料金は1人前を購入した際の目安ですが、家族が多く複数人で食べるという場合には、さらに値段は上がります。

おせちの値段は食べる人数やサイズで異なる

おせちの値段

前項でも述べたようにおせちの値段というのは、基本的に何人分のおせちなのかということでも変化します。

一人分の価格で考えていると意外に高くなってびっくりした!なんていうこともあるので、気をつけましょう。

次項より人数別で異なるおせちの値段について紹介していきます。

2~3人前のおせちの値段

2~3人前のおせちも1人前とさほど変わらず、8,000~16,000円で購入することができます。

大人数で年を越すわけではなく、例えば夫婦でささやかに新年を祝う、というような場合には2~3人前のおせちを購入すると良いでしょう。

おせちはボリュームが大きいので食べきれるか分からない、と感じている人でも、市販のおせちは便利です。

一人前のものや2~3人前のものなど少人数にも対応できるので、残ってしまうこともなく楽しくおせちを食べることができます。

正月は仕事で忙しくて実家に帰れないというような人からも、このような少人数向けおせちは大人気です。

4~5人前のおせちの値段

4~5人前のおせちは、夫婦と子供、また両親と一緒にお正月を楽しみたい、というときに役立ちます。

仲の良い友人を数人集めて年明けパーティーを開くときにも、このサイズのおせちが便利です。

4~5人前おせちの相場は2~3人前よりも若干高く、13,000~20,000円ほどです。

バリエーションや具材の数によっても少し変動はしますが、それでも比較的リーズナブルなので、購入しやすいでしょう。

仲良しの友人と大切なひと時を過ごしたいという人や、家族水入らずで新年のお祝いをしたいというときには、ぜひ4~5人前のおせちを選びましょう。

5~6人前のおせちの値段

5~6人前のおせちは、は少し家族が多い場合におすすめです。割と第人数向けではありますが、価格相場は30,000~40,000ほどとなっています。

家族や仲間と過ごしたい人、親戚も交えて少し多めの人数でわいわい楽しみたいという人におすすめです。

5~6人前のおせちというのは量がたくさん入っており、様々な種類のおせちを楽しむことができるのも魅力と言えます。仲良くシェアしてたっぷり食べられるのも嬉しいポイントです。

年末年始は実家に帰って親や親戚と過ごすという人は、手土産としておせちを送ってあげるときっと喜ばれますよ。

おせちの内容別の値段

おせちの内容別の値段

おせちといっても様々な種類のものが販売されているので、自分や家族の好みに合わせたメニューを選びましょう。

もちろんその際にも予算をしっかりと決めて選ぶことが大切です。

ここからはおせちの内容ごとに価格相場を紹介するので、チェックしてみてください。

  • ・和風おせち:25,000円
  • ・洋風おせち:15,000円
  • ・中華おせち:20,000円
  • ・和洋折衷:20,000

和風おせちが最も高い傾向にありますが、作る際の工程が多いため手間がかかるからと考えられます。

中華おせちと和洋折衷おせちは同程度の価格帯、そして最もリーズナブルなのが洋風おせちとなっています。

おせちといえば和風なイメージを持っている人も多いでしょうが、予算を抑えたいという場合や味が好みではない場合には、洋風のおせちメニューを購入してみるのも良いでしょう。

お歳暮でもらったワインを飲みながら、おせちをつまむ年始めも良いのではないでしょうか。

おせちの値段は購入先でも違う

おせちの値段は購入先でも違う

おせちを購入する場合には、どこで購入するのかということもしっかりと考えましょう。

販売されている場所によってもおせちの値段は上下するので、お財布と相談した上で様々なお店をチェックすることが大切です。

おせちの購入場所別価格相場は以下のとおりなので、参考にしてみてください。

  • ・匠本舗:15,000~30,000円
  • ・彩食ひろば:10,000~16,000円
  • ・紀文:15,000~20,000円(2~3人前)
  • ・Oisix:25,000~35,000円(2~4人前)
  • ・楽天:10,000~16,000円
  • ・Amazon:10,000~16,000円
  • ・デパート:25,000~30,000円
  • ・コンビニ:15,000円

食材別おせちの値段

食材別おせちの値段

市販のおせちも良いですが、時間があるならおせちを手作りしたいと考えている人もいるでしょう。

その場合に具材はいくらくらいかかるのでしょうか。以下に具材別の材料費の目安を紹介するので、チェックしてみてください。

  • ・紅白なます:300円
  • ・団づくり:500円
  • ・たたきごぼう:500円
  • ・かまぼこ:1,000円
  • ・黒豆:1,000円
  • ・栗きんとん:1,000円
  • ・伊達巻:1,000円
  • ・筑前煮:1,000円
  • ・昆布巻き:2,000円
  • ・数の子:2,000円
  • ・ローストビーフ:2,000円

数百円で購入できる具材もあるので、少し時間がある場合には市販の具材を購入してお重に詰めるのでも良いでしょう。

おせちを選びは値段だけでなく内容や見栄えも大切

今回は、市販のおせちの価格相場について紹介してきました。おせちというと高級品と考えがちですが、リーズナブルに購入できるおせちもたくさんあるので、ぜひ色々なサイトや店頭で商品を見てみてください。

自分や家族が喜びそうなおせちを見つけて、お正月を楽しみましょう!