おせち料理を簡単に作る方法とは?無理せず手間の掛からない料理

2019/04/05

「おせち料理を自分で作りたいけれどもなんだか難しそう…」「簡単に作れるものを知りたい!」と思っている方も多いでしょう。

しかし普段から作り慣れている料理とは少し勝手が違うものです。おせち料理の中でも簡単に作れるものをいくつかご紹介します。

無理せず手間がかからない品からひとつずつ

無理しない料理

正月の食卓を華やかにするおせち料理。家族も集まる貴重な機会です。どうせならご自身でおせち料理を作って振る舞いたいと考える方も多いことでしょう。しかし、忙しい年末年始に準備に追われ「結局お正月に間に合わない」、「美味しくできなかった」という事態は避けたいところです。

おせち料理を初めて手作りをする際に意識をしたいのは、無理して全てを自分で作ろうとしないことです。

ただでさえ忙しい年末年始に無理をして全て手作りに挑戦をすると、肝心の家族の時間を楽しめなくなってしまうかもしれません。簡単なものを手作りし、難しいものは取り寄せたりして用意するようにしましょう。おせち料理は作り方も食材も普段の料理とは勝手が違うものです。

おせち料理の中でも作り方さえ知れば簡単に作れるものもあれば、下準備や調理に時間と手間のかかる手作りが難しいものもあります。時間や手間を考慮し無理なく手作りおせちに挑戦しましょう。

簡単おせちメニュー1.紅白なます

なます

紅白なますは大根と人参を紅白に見立てて仕上げたお正月には欠かせないおめでたい料理です。用意するものは大根と人参、それと酢、砂糖、塩といった常備されている調味料だけです。切って混ぜてなじませるだけの紅白なますは、簡単おせちの代表です。

紅白なますを作る際の注意点としては、綺麗な彩りを演出することです。紅白を表す大根と人参の配分で見栄えが大きく異なります。

ポイントとしては、大根が人参の1.5倍〜2倍くらいの量になるよう調整することです。これを意識するだけで綺麗な紅白のなますが出来上がります。

簡単おせちメニュー2.田作り

田作り

田作りは、昔田んぼの良質な肥料として使われていた乾燥イワシの佃煮です。佃煮というと作るのに時間がかかる印象がありますが、田作りは調味料を混ぜたタレに煎った乾燥イワシを絡めて冷やすだけ。

田作りに使用する調味料も、醤油、みりん、さけ、砂糖だけですので、気軽に作ることができます。冷蔵や冷凍で保存も効くので多めに作っておけば、お正月が過ぎてもご飯のおとも、お酒の肴として活躍します。

簡単おせちメニュー3.栗きんとん

栗きんとん

子どもに人気のおせち料理の代表といえば栗金団です。栗きんとんはさつまいものペーストに栗の甘露煮を混ぜ合わせた料理。紹介したものの中では調理時間が少し長いですが、作る過程は難しくなく味もばらつきが出にくいおせち料理です。

栗きんとんを皮付きの栗から作ることもできますが、皮を剥くなど面倒な作業が発生するので甘露煮をお勧めしております。お子さんがいる家庭では、皮を剥くお手伝いをしてもらったり混ぜてもらって一緒に作ることができ流のでオススメの手作りおせちです。

簡単おせちメニュー4.数の子

数の子

お正月以外はなかなか食卓に姿を現さない数の子。お酒を飲まれる家庭では大人気のおせち料理でしょう。数の子は市販のものも売っていますが、未加工品も塩抜きをしてだしにつけるだけなので簡単に作ることができます。
出汁は醤油みりん酒、好みでかつおだしや白だしなどを足して作ります。

好みの味に調整できるのも手作りの魅力です。年末の市場などに出かけて、量り売りの数の子を購入してきたものを調理するというのも、風情があっていいのではないでしょうか。

簡単おせちメニュー5.ぶりの照り焼き

ブリの照り焼き

ブリの照り焼きは、普段の食卓にも並ぶメニューです。面倒なイメージのある魚料理の中でも比較的簡単にできる料理になります。ですので魚料理を作ったことがない方はこの機会に覚えると、日々のレパートリーにも活かせます。

ブリの照り焼きは、塩を振ったブリを焼いたものに、熱したタレを絡めるだけ。ポイントはブリを常温に戻してから焼くこと。これで形が崩れる心配が少なくなります。お重に詰める際には、キッチンペーパーなどで水分を取っておくことも忘れないようにしましょう。

簡単おせちメニュー6.竹の子土佐煮

タケノコ

たけのこの土佐煮は、普段作る煮物と同じ手順で作れる簡単なおせち料理の一つです。切って、煮るだけ。煮物は味の調整が難しいですが、最初は薄めで作り、足りない味を足していくのがおいしくできるコツです。たけのこはあまり調理したことがない方も多いかもしれません。

使用するたけのこは水煮でも生でも大丈夫です。生のたけのこを使う際には、一度下ゆでをし、アク抜きをすることで味が格段に上がります。

簡単メニューのおせち料理で気負わず作ってみよう

簡単に作れるおせち料理をいくつか紹介しました。まずはこれらの料理を手作りするところから始め、難しいものは取り寄せるなど気負わずに挑戦するようにしましょう。

手作りのおせち料理が数品入るだけでお正月の楽しみが一つ増えるので、是非試してみてください。