魚介類のお中元は年配の方を中心に人気!調理方法と注意点も紹介

2019/04/26

お中元にどの商品を選べばいいのか迷ってしまう人も多くいるのではないでしょうか。

年配の方はお中元として定番である魚を好み人が多くいます。今回は、お中元用の魚介類商品についてまとめていきます。

魚介類のお中元は年配の方を中心に人気

魚

魚介類系のお中元は、晩酌を好む年配の方向けにおすすめです。

魚を1匹送るだけで刺身や揚げ物、煮付けなど調理方法により様々な料理になります。また、魚は非常に栄養の高い商品となります。
なお、調理済の魚介類商品も多いため、調理済みの製品を送っても良いでしょう。

お中元はケースバイケースです。年配の相手の場合に限らず、魚介類を送ることで喜ぶような相手の場合や、健康気遣う意味で魚介類製品を贈るのも良いでしょう。

粕漬や西京漬けがおすすめ

魚介類の調理済み商品の中でも、漬物のような商品が年配には人気です。その中でも特に、粕漬や西京漬けがおすすめです。

粕漬や西京漬けは、あまり外に出ずに、晩酌をする年配の方々や、漬物とご飯を昼飯に食べる年配の方々には非常に人気の商品です。

塩っ気が強い製品を年配の方々は好む傾向があるという意味でも、粕漬や西京漬けを贈ってみるのも良いのではないでしょうか。

魚介の旨味が凝縮された干し物

干物

魚介の干物は非常に栄養価が高く、魚介の種類によっては、おやつのようにも食べることができるため、年配者に非常に人気の商品となっています。

また年配の方々にとって干物は昔から馴染みのある商品です。そのため、魚介の干物は、懐かしい感覚を思い起こさせてくれるので、人気を博しています。

うなぎのお中元は夏バテ予防にもピッタリ

うなぎは贈り物として、年配の方々に限らず、非常に人気の高い商品です。

うなぎに抱くイメージとして、高級なので、なにかあった時にしか食べないとイメージしている人が多いので、うなぎが家に贈られてくると喜ばれます。

うなぎは高級品のイメージはありますが、ピンからキリまである商品が故に、相手に失礼にならない金額の商品を見つけやすい魚製品です。

そういった意味で、贈る側の視点としても贈りやすく、夏バテ予防にもピッタリなので、うなぎは夏のお中元に喜ばれます。

お中元に貰った魚を上手く調理する方法と注意点

調理

お中元で魚を貰ったけど調理する方法や注意点が分からないという方も多いのではないでしょうか?

袋からすぐに魚を取り出してそのままフライパンで焼くと上手く焼けずに美味しく食べることができないかもしれません。

そこで自宅で魚を焼くときのコツと注意点を紹介します。せっかくいただいた贈り物なので、ちょっとでも美味しくいただきましょう。

身崩れを防ぐ方法

魚をフライパンで焼く前に塩を振るのがポイントです。
塩を振ることで魚から余分な水分が出て、焼いたときの身崩れを防ぐことができます。

魚が焼き終わり、お皿に移すときの身崩れを防ぐためには、フライパンやグリルの上に直接魚を置かないことが大切です。
魚焼き専用のアルミホイルがないときは、普通のアルミホイルを丸めてしわをつけてから、軽く伸ばしてその上に魚を乗せましょう。アルミホイルに凹凸ができることで、魚を剥がしやすくなります。

焦げ付かせない方法

焦げを予防するためには、丁寧に魚の油を取り除くことが大切です。キッチンペーパーを使って、丁寧に油を取り除きましょう。

油を取り除いた後は、弱火~中火でじっくりと時間をかけて焼きましょう。
焦らずに丁寧に調理することが焦げ付かせないためには大切です。

健康を気遣った魚のギフトは夏のお中元に最適

魚のギフトは基本的に健康に気を使ったギフトという印象を受け取ってもらいやすいものです。

そのため、年配の方には非常に喜ばれるギフトとなっています。

お中元選びに困ったら、定番の魚を選んでおけば、まず間違いはないでしょう。