へしことは?作り方や栄養成分、おいしい食べ方を紹介します!

2019/02/27

へしこと聞くと、特徴あるにおいと、独特の見た目を連想する人もいるのではないでしょうか?

へしこは、料理番組や健康番組でも取り上げられる機会があり、おいしさや健康効果に注目が集まっています。へしことはそもそも何なのか、また、作り方や気になる栄養成分、おいしい食べ方についてまとめました。

鯖の糠漬け・へしこ

鯖の糠漬け・へしこ

へしことは、塩漬けした鯖を糠につけて発酵させた食べ物です。漬物樽に、糠と塩漬けした鯖を交互に入れ、10ヶ月~1年ほど発酵させてから食べます。へしこ専門店などでは鯖のへしこが一般的で、贈答用にも使われます。鯖以外には、イワシが素材にされることもあり、イワシのへしこは家庭で作って家庭で消費されるケースが主流です。

へしこは福井の伝統食品

へしこは、丹後・福井地方の伝統食品です。主に若狭などの鯖やイワシが獲れる日本海側で、日常生活に欠かせない保存食品の1つとして作られてきました。

なお、「へしこ」という名前の由来は諸説ありますが、樽などに押し込むことを「へしこむ」と表現することから「へしこ」と呼ばれるようになったという説が一般的です。

へしこの作り方

現代のへしこは、自分で漬けて作る人よりも、お店で買う人が多くなりました。もちろん、毎年へしこを漬ける家庭も、福井県内にはまだまだあります。

へしこの作り方で、一般家庭向けの少量での仕込みは、以下の手順となります。

鯖を三枚に下ろし、骨を抜いてから軽く水洗いする
タッパーなどの密封できる容器に鯖を並べ、被る程度に粗塩を振る
冷蔵庫に1ヶ月保存してから、鯖を取り出して軽く水洗いする
鯖のアラ部分を塩漬けしたものと、鯖の塩漬けを作ったときにできた液体(魚醤)を糠に混ぜ込む
4で作った糠を樽に敷き、鷹の爪の輪切り、鯖の塩漬け、糠、鷹の爪の輪切り、鯖の塩漬けと重ねていく
10ヶ月ほど経つと、へしこの完成。あっさりとした味を好む方は、6ヶ月程度でもおいしく食べられる

へしこの栄養成分

魚のタンパク質は、発酵する過程で大量のペプチドを生成します。ペプチドには高血圧を予防する効果があり、へしこを食べることで高血圧予防効果を期待できるのです。

そもそもへしこの健康効果は、「日常的にへしこを食べている人々は、高血圧患者が少ない」という事実が分かったことがきっかけで知られました。「へしこには高血圧を予防する効果があるのでは?」と研究が実施され、ペプチドが血圧上昇を抑制しているということが突き止められたのです。

また、へしこの原料である鯖やイワシなどの青魚には、ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸といった必須脂肪酸が豊富に含まれています。必須脂肪酸には、血中の脂質濃度を低下させる効果がありますので、脂肪蓄積を予防する効果も期待できますね。

さらに、へしこを漬ける糠には、乳酸菌が含まれています。乳酸菌には脂肪代謝を促進する働きがあるため、必須脂肪酸と同様に、身体に余分な脂肪が蓄積するのを防いでくれます。

塩分が気になるときは塩抜きしよう

塩分の強さが気になるへしこですが、実際には特別塩辛いわけではありません。たっぷりの塩で漬け込みますが、大半の塩は使わずに捨ててしまいますので心配無用です。

しかし、塩分が気になる人や塩分制限をしている人は、へしこを食べる前に軽く塩抜きすることをおすすめします。流水で振り洗いするだけでも塩分は抜けますが、水を張ったボウルに2、3分入れると充分に塩が抜けますよ。

へしこの料理方法

へしこの料理方法

へしこは、そのまま食べても、軽くあぶっても、どちらでもおいしく食べられます。充分に発酵していますので、生臭さはほとんどありません。生魚が苦手な方もぜひ挑戦してみてください。

へしこは糠をつけたまま焼く

へしこをあぶって食べるときは、糠をつけたまま焼くことをおすすめします。糠を洗い流しても良いですが、糠も香ばしくておいしい部分です。

また、糠部分には、ビタミンEや乳酸菌など体に良い成分が多数含まれています。栄養成分を逃さず摂り入れるためにも、糠はつけたままで焼いてくださいね。

ただし、糠は焦げ付きやすいので、火加減には注意しましょう。

へしこのおいしい食べ方

へしこを焼いたら、そのままご飯のおかずとして食べられます。そのまま食べるのに飽きたら、焼いたへしこをほぐして調理に活用しましょう。

例えば、ほぐしたへしこと刻んだネギ、ご飯を炒めてチャーハンを作ってみてはいかがでしょうか。へしこの塩分が良い感じに働いて、調味料なしでもおいしく完成しますよ。

ほぐしたへしこは、お茶漬けやピザに乗せたり、パスタの具としてもおいしく食べられます。

ほぐしたへしこに飽きたら、軽くすりつぶして同量のマヨネーズと混ぜてディップを作ってみましょう。クラッカーや野菜スティックにつけると、前妻の一品にもなりますよ。

へしこディップにも飽きたら、素の味を楽しめるおさしみとして食べてみましょう。へしこを軽く水洗いしてぬかを落とし、3~5㎜程度に薄くスライスしてください。お酒のおつまみにもなりますし、大根でツマを作って巻いて食べるのも、さっぱりしておすすめです。

体にも良いへしこをおいしく食べよう

へしこは単なる郷土料理ではありません。高血圧や高脂血症などの生活習慣病を予防する健康食品でもあります。

においは特徴的ですが、おさしみやパスタ、ピザなどのさまざまな料理としても食べられることも魅力的です。長期間冷蔵保存が可能ですので、ぜひへしこを普段の食事に取り入れてみてはいかがですか?